トップ >> 葬儀の形態を選ぶには

葬儀の選択についての情報

葬儀にはいろいろな方法がある

葬儀とは亡くなられた方の冥福を祈り別れる儀式のことです。一般的には通夜と翌日に告別式が行われ遺族親族や故人と親しい方が参列して行われます。都市部を中心として親戚付き合いや寺院との結びつきも薄れてきているため、近しい家族だけで故人を送る直葬という方法で葬儀をせずに遺体を荼毘に付す方法があります。直葬は故人とゆっくり静かに最後の時間を過ごすことができる利点があります。家族だけで送ることのできるシンプルなお葬式です。

葬儀にトラブル回避について

葬儀は高額な費用がかかり、その平均相場は200万前後と言われています。そのため、費用に関するトラブルが多くあるのが現状です。それは、非日常的な行事であるからこそ冷静な判断が付きにくく、葬儀業者との契約に注意し辛いことが理由となるでしょう。特に多いのが必要な項目が全てオプションの追加料金となるケースであり、安さをうたって宣伝する業者に多い傾向にあります。そのため、プラン以外の料金についてはシビアに判断する必要があります。そういったトラブルを回避するためにも、信頼性の高い業者を利用するのが良いといえます。