トップ >> 葬儀での声のかけ方とは

葬儀の選択についての情報

葬儀で遺族にかける言葉

葬儀に参列するというのは本当につらくて悲しいものです。人はだれしも死というものを避けることができませんが、それでもやはり現実を受け止めるのは辛いものです。特に遺族にとっては悲しみや辛さはかなりのものです。では、葬儀に参列したなら遺族に対してどのような言葉をかけることができるでしょうか。それは、自分も悲しい、ということを伝えることが出来ます。遺族と一緒に悲しみを共有することができるでしょう。ぜったいに上から目線で、すでに長生きしたのだからもう十分ではないか、というような発言はしないように気をつけましょう。

葬儀の際の香典はピン札NG

葬儀の際に持っていく香典。この時、ピン札を使ってはいけないというマナーがあります。ピン札は買い物のお釣りやATMを利用してもなかなかもらうことはありません。そんなときに香典でピン札を使うと「この葬儀を待っていました」ととらえられてしまうことがあるのです。たとえ手元にピン札しかなくても、どこかで両替して折れているお札を持っていくのがマナーとなります。逆に結婚式の祝儀の場合には「待っていました」の意味を込めてピン札を使いましょう。