お役立ち!医療用ウィッグ購入サイト

おしゃれ用と医療用の違いを知ろう

トップ > 医療用のウィッグについて > おしゃれ用と医療用の違いを知ろう

おしゃれ用と医療用の違いを知ろう

抗がん剤治療や脱毛症などで一時的に髪を失うこともありますが、脱毛が進むと外見は大きく変化することもあり外出やおしゃれに積極的になれないという人も少なくありません。
特に女性には髪を失うことはつらいものがあります。
髪が抜け落ちることは精神的にもダメージになることも多く、それが病気の回復にも影響が出てしまうこともあります。
抗がん剤治療は終了すれば髪はまた復活しますので、その間に気分良く過ごせる工夫をしておきたいところです。
治療中は育毛剤なども良い効果は期待できませんので、ウィッグでカバーすることも考えてみましょう。
ウィッグがあればすぐに理想のボリュームを得ることができますし、ウィッグはショートからロングまで様々なスタイルが用意されていますので、治療中も好みのヘアスタイルを楽しむことができます。


ウィッグを選ぶ場合はおしゃれ用のものにするか、それとも医療用にするかで悩む人もあるのではないでしょうか。
まず、おしゃれでウィッグを着ける場合は自毛の上から装着しますが、脱毛中は直接地肌にウィッグが触れることになります。
それゆえ、肌に刺激も受けやすくなりますのでより安全性の高いものが求められることになります。
医療用ウィッグは脱毛時のデリケートな地肌に装着することを想定して作られていますのでより安心して選ぶことができます。
さらに髪の状態によってサイズも頭のサイズも変わってきますが、医療用はサイズ調整がしやすく作られているものが多くなっています。
頭皮に優しく快適に装着できることはもちろん、見た目も自然であることが大切ですのでできるだけ自然な仕上がりのものを選びましょう。


医療用ウィッグを選ぶ際は毛質の良さにもこだわって選びたいところです。
人毛100パーセントのものは高価になりがちですが、そのかわりヘアカットやカラーなどのアレンジもしやすく、より好みに合うウィッグに仕上げていくこともできます。
ヘアアイロンやドライヤーでアレンジがしやすいのも人毛の良いところです。
より安価で購入するのであれば、人工毛によるウィッグにも注目してみましょう。
人工毛も今ではより本物の髪に近いものが登場していますし、人毛に比べて軽いので楽に装着できるのもメリットです。
ヘアアレンジもしたい場合は耐熱性のある人工毛であるかも確かめておきましょう。
購入方法としては既製品のウィッグを選べばすぐに入手ができますし、より本人の頭や顔の形に合わせるのであればオーダーやセミオーダーで作ることも考えていきたいところです。

カテゴリー