お役立ち!医療用ウィッグ購入サイト

入院後にオーダーメイドで医療用ウィッグが買えるか

トップ > 医療用のウィッグについて > 入院後にオーダーメイドで医療用ウィッグが買えるか

入院後にオーダーメイドで医療用ウィッグが買えるか

一定の病気の治療をするとき、体に大きな負担のかかる薬を使うときがあります。
つまり副作用が強くて生活に支障が出たり体の見た目が変わるときもあります。
見た目が変わるときとして多いのが体毛の脱毛です。
髪の毛はたんぱく質でできていますが、全身の体毛が作られない状態になるとどんどん抜けて行ってその薬を使っている間は生えてきません。
治療が完了して投薬が終われば生えてくるでしょうが、その間は体毛がない状態になります。
体毛の中でも頭髪は見た目を大きく変え、特に女性であれば気になる部分になるかも知れません。
頭髪が脱毛した時にカバーできるものとして医療用ウィッグがあり、治療中の精神的な支えになってくれるでしょう。
できれば治療が始まる前に店舗などに行って購入するのがいいでしょうが、入院が急に決まるときもあります。


投薬治療が始まるとどんどん体毛が抜けていき、頭髪もすべて抜けることが多くなります。
自分に合うウィッグを購入するなら頭のサイズにぴったりのものが良く、既製品よりもオーダーメイドの方が良いでしょう。
では入院をしているときにオーダーメイドで購入することができるかですが、訪問対応をしてくれるお店やメーカーがあるのでそちらで確認してみると良いでしょう。
必ずしもすべての地域で対応してくれるわけではないでしょうが、都市部であったり地方の都市などであれば対応してもらえるケースも多くなります。
地方の小都市でも出張費などを負担すれば来てもらえることがあるので確認しましょう。
訪問タイプだと担当者が直接来てくれて頭のサイズを測ってくれたり、希望の商品のサンプルなどを持ってきてくれます。
簡単な試着などをして選べます。


オーダーメイドで作ってもらうときはすぐには作ることはできないので、一定期間待つ必要があります。
その間は仮のウィッグを使うことも可能なところもあります。
完成した時に改めて自分用のものを装着できます。
サイズを測るときに髪の毛がある状態だとぴったりにならないときもあります。
その時はサイズ調整などをしてもらえます。
髪の毛がある状態でもない状態を想定してある程度はぴったりに作れますが、違和感などがあると気になって生活に支障が出るときもあるでしょう。
気になる部分を伝えればその部分を修正して作り直してもらえます。
アフターケアもメーカーやショップによって異なり、スタイルの変更やカットなどをしてくれる時もあります。
ウィッグなので伸ばそうとすると料金が高くなるでしょうが、カットならそれほどかからないでしょう。

次の記事へ

カテゴリー