お役立ち!医療用ウィッグ購入サイト

医療用ウィッグを購入するタイミング

トップ > 医療用のウィッグについて > 医療用ウィッグを購入するタイミング

医療用ウィッグを購入するタイミング

生まれつき髪の毛が生えにくい病気を持っていると髪の毛が生えていなかったり薄い状態かもしれません。
それ以外に何らかの病気が原因で脱毛することがあります。
髪の毛は脳を守る働きの他、紫外線から頭皮を守ったりその他の外からも頭皮を守る働きを持っています。
ですから髪の毛がない状態よりも髪の毛がある状態の方が体にとっては良いと言えます。
男性などが老化で薄くなるときはそのままにしている人もいるでしょうが、女性だと老化をしてもそれほど髪の毛が薄くなるわけではありません。
でも治療を行うようになると薬などの影響で髪の毛が薄くなってしまうときがあります。
女性にとっては髪の毛があるかないかは精神的な問題にも影響することがあるので、できれば治療によって髪の毛が抜けるのであれば人工的に補うと良いかも知れません。


人工的に髪の毛を補う方法としては医療用ウィッグの利用があります。
ウィッグといえば髪の毛のある人が色々なヘアスタイルを楽しむためにあるものと考えられていますが、部分的なタイプ以外にも頭全体を覆えるタイプなども用意されています。
ではいつ購入するのが良いかですが、タイミングとしては病気の告知をされた時、治療が始まって少しずつ髪の毛が抜け始めた時、そして治療によって完全に髪の毛が抜けた時があります。
精神的にも肉体的にもいいタイミングとして告知後治療を開始するまでがあるでしょう。
このときはまだ髪の毛がある状態なのでぴったり作るのには難しい時期になります。
ただ治療が始まると肉体的にも精神的にも疲れが出てなかなか作ろうとの気力が出てこないときもあります。
治療開始時にあると安心できるメリットがあります。


髪の毛が抜け始めた時に作ることもあります。
当初は必要ないと感じていた人が、実際に抜け始めるのを感じて不安が強くなり作ろうとするときがあります。
治療が始まってすぐなら肉体的な負担も少ないことがあるでしょうから、時期を見てサイズを取ってもらったりすると良いでしょう。
そして完全に髪の毛が抜けてしまってから作るときがあります。
完全に抜けた状態なので、サイズなどが取りやすいメリットがあります。
ぴったりに作れるので、髪の毛がある状態で作るよりもフィット感は強まります。
ただし髪の毛がどんどん抜けてなくなる状態を見てきているので、精神的には少し辛い状態かもしれません。
本人よりも家族などが作るのを勧めるときがあるでしょう。
髪の毛が完全に抜けている状態なら、オーダーメイドでぴったりのものを作ってもらいましょう。

次の記事へ

カテゴリー